大正末期から昭和初期、押し寄せた異国文化の波により町には洋犬との雑種化が進んだ犬たちが徘徊していた。そんななかで、日本犬保存運動の先駆者たちは日本中の山奥に分け入って、猟犬として日本犬の血を受け継いでいた地犬たちを見つけ出し、保存すべく繁殖を試みた。しかし時代の流れに逆らえず残念なことに絶滅してしまった そんな幻の日本犬たちをここで紹介します。

岩手犬 (体高55cm〜60cm)

 岩手県と秋田県の県境、奥羽山系の山間部落に暮らす猟師(マタギ)が熊猟犬として使用していたので、比較的大きめの中型犬。地元では通称「マタギ犬」と呼ばれていた。猟犬としての純血を維持されていたので、日本犬として非常に姿も質もよいものが秋田、青森県に掛けてたくさんいたが、明治末から大正の初めに押し寄せた雑種化の波と闘犬ブーム、そして猟師も少なくなり犬の数は減り、昭和に入って日本犬ブームにより都会にも放出させられた。
 『不二号』『矢白号』などが東京で種オスとして活躍、多くの優秀犬が作出されたが太平洋戦争により保存はふりだしに戻され、戦後は地元の有志により残存犬の発掘・再建が試みられたが戦前の名犬とは質的に追いつかないものであったため、自然にその姿は消えて行った。
 秋田マタギ犬もこの系統ではあるが、闘犬を目的とした秋田犬の作出のためにより大きく・強く、と他犬種の血が導入され、その姿は大きく変わっていった。この『秋田犬』と混同しないように狩猟系(マタギ犬)を『岩手犬』と命名した。

高安犬 (体高53cm〜60cm)

 山形県東置賜郡高畑町(高安地方)で熊猟犬として活躍していた中型犬だが、昭和初期には絶滅に近い状況でした。
高安地方を出身とする『赤号』『マル号』などが日本犬保存会の第1回・2回展に出陳され、後に「高安犬の有名な犬の宮の系統」と紹介されたが、この二頭の他に紹介されたものは無い。秋田マタギ犬や岩手マタギ犬と並ぶ東北マタギ犬の一つだが、知名度が低かったためか早期に絶滅に至ってしまったようだ。
 しかし、戸川幸夫が昭和30年に「高安犬物語」で直木賞を受賞したことで、この犬が一躍有名になったのである。この主人公『チン』のモデルになった犬の写真が「いぬ馬鹿」(小学館ライブラリー)の中に載っています。

越の犬 (体高50cm前後)

 北陸地方の山間部を出生地とする中型犬で、富山県の「立山犬」、石川県の「能登犬」、福井県の「大野犬」と呼ばれた犬たちが『越の犬』として昭和9年12月に天然記念物に指定された。この年「越の犬保存会」も発足されたが当時各地区の犬には体形・毛色的にバラツキがあり、同一基準に収め認定・保存するのには困難を極めた。他の日本犬と比べると猟性に乏しく風格・迫力が劣ってたのはこの地方には鍛錬し犬質を上げるべき猟場が少なかったためであろう。良質のものが少なかったうえに繁殖をしても畜犬商が天然記念物という日本犬ブームの波に乗り次々に都会へ引き抜いていったため思うように保存ができなかった。その上、戦争により頭数は激減した。
 昭和24年には37頭が登録されていたが、いずれも最良とは言い難く実用性(使役性)は乏しかったので、昭和38年9月には富山県の県獣にも指定されたものの、その数は減少をたどり絶えてしまった。

十石犬 (体高41cm〜55cm)

 群馬県多野郡上野村と長野県南佐久郡佐久町の県境にある十石峠付近にいた日本犬で、昭和3年に斉藤弘吉がこの土地の猟師から譲り受けた茶褐色で差し尾の犬に『十石号』と名付け、紹介した為に「十石犬」として注目されるようになった。しかし『十石号』は実際は信州川上村の生まれで信州柴の系統であった。体高41cmのため「柴犬と称される小型日本犬の流行の魁をなした犬である」とされ、これが「十石柴」と言われた所以である。この「十石柴」は十石犬と信州系の柴犬とのミックスではないか、という説もある。
 その後『フセ号』『クロ号』などがこの地方から入手されたが血統保存には至らなかった。実際の十石犬は鹿・猪の猟に使われていた秩父系の中型であるが、昭和初期にはすでに絶滅していたらしい。

石州犬 (体高34cm〜44cm)

 島根県石見国・石州産で小型〜中型に届く位の大きさのもの。益田市を中心とする山村に主に飼育されていた。この犬を世に知らしめたのは同じくここを出身地とする中村鶴吉であり、石州柴(小型)として『石号』・『神風号』を日本犬保存会の第5回展に出陳し、高い評価を得ている。その他『栃号』(中型)・『ユワ号』などがありその出陳数の多さと日本犬としての質の良さで、純粋な血統のものが数多く飼育されていたのが伺える。
 特に『石号』は後肢の欠点はあったが最高の質であり、四国産の『コロ号』(黒柴)との交配によって欠点が改良された『アカ号』を作出。 『アカ号』から更に『アカ二号』と『紅子号』を作出し、この二頭からあの「柴犬中興の祖」『中号』が生まれた訳である。そして石州柴は鳥取・因幡犬との交配で山陰柴の保存と固定に至っている。
 石州犬の保存はできなかったが、石州柴『石号』は現在の柴犬の基礎となったのである。


参考文献
「日本犬」平成9年度第5号 /「日本犬保存会創立五十周年史」上・下巻
「愛犬の友犬種別シリーズ柴犬」/「日本犬物語」 笹本雄一郎著 AA出版
「日本犬大観・復刻判」 愛犬の友/「愛犬放浪記」 戸川幸夫

本文を無断でコピーして掲載していたウェブサイトがありました。
著作所有権はデザイナー&管理者にありますのでこのサイトにある文章や写真等の無断転写を一切禁止します。
↓ ©の意味を理解していただきたいです。

トップへ

 
柴犬って? 柴犬雑学 柴犬学会 日本犬図書館 名犬系統図 幻の日本犬 日本犬標準 展覧会へ行こう 繁殖について 犬観察帳 ブログ
About Us Our Shibas Shiba History Nippo Standard Contact Puppies Info Gallery Shop SHIBAYA Home


只今ご覧のページは

幻の日本犬